チカラがあるところの毛穴は見えない

身体の毛穴はよく見えないのに、顔の毛穴はよく確認できます。身体の毛穴だって顔の毛穴と同じようにたくさんあってそれこそ無限だと思われるくらいあるというのに、なぜだか顔の毛穴のようにしっかり確認できないのです。

だけどそれはいいことなんですよね。毛穴が確認できないということはそれだけ肌が詰まっているというか、肌がぎゅっとしっかり寄り集まっていて、ダランと開いていないということです。それは若く見える秘訣というか、たとえば基礎化粧品を使うのはこういう肌を作りたいからだと思います。

肌にチカラが感じられないような、肌が緩んでダランとしていると、毛穴が丸見えになってしまうでしょう。特に毛穴がハッキリ見えるところというのは、肌にチカラが無くなっていて肌が緩みきっているんだと思います。

わたしの場合身体の毛穴は目に付かないので身体の方にはチカラがあるのでしょうが、顔の特に鼻の周辺の肌には毛穴が見える部分があります。拡大などしなくても鏡でそのまま見えてしまうので悩みの種になるのですが、体質から改善しなくてはダメだと思っています。

適切な対処で案外早く毛穴は目立たなくなりました

いつぐらいからか顔に毛穴が目立つようになってきました。
徐々に徐々にといった感じで気が付いたら鼻や頬の辺りに多くなっていました。

で、これを何とか出来ないかとネットで調べてみたんですが、意外なことが分かりました。
毛穴が出来る原因っていくつもあるんですね。
私はてっきり皮脂詰まりだけかと思っていました。

で、そのいくつかの原因ですが、今書いた皮脂が詰まることが一つ、たるみ、ニキビ跡とちょっと調べただけでもこんなに出てきました。
それらの特徴を読んでみた限りですが、私の毛穴の開きはコラーゲンなどが足りないようです。

肌の水分が足りずにシワシワになることで毛穴が目立つようになってしまったという感じでみたいです。
ですので、とにかく保湿に力を入れました。

特別高い化粧品を使ったりはしていませんが、徹底的に保湿にこだわった結果、なんと二週間もしないうちに毛穴は目立たなくなりました。
こんなに簡単に治るならもっと早くからやっておけば良かったです。

てっきり皮脂などが詰まって毛穴が広がっているんだと思って、洗浄力の高い洗顔剤なんかでガンガン洗ってしまっていました。
今思うとむしろ逆効果ですよね・・・
ちょっと遠回りしてしまいました。

毛穴の開きを改善した経緯について

10~20代の頃は、鼻の毛穴がとにかく気になっていました。毛穴に詰まった汚れなどを取り除くことに躍起になって、当時流行っていた鼻パックを毎週のように行うことが楽しみでもありました。

市販の鼻パックを適量の水で濡らし、鼻に貼り付けて10分程経った後に剥がす瞬間は何とも言えない高揚感がありましたし、実際に鼻パックに沢山の角栓がびっしりと付いているのを見るのが何故かとても楽しかったのを覚えています。

そんな鼻パックに夢中になっていた時に、美容に詳しい友人が鼻パックは毛穴を更に広げてしまう恐れがあるから出来ればやめた方が良いとアドバイスをしてくれました。

角栓は毛穴を守る役割があるため、無闇やたらに取り除き続けていると毛穴に細菌などが入りやすくなり、結果的に黒ずみなどの原因にもなってしまうとのことでした。

楽しみだった鼻パックをやめるのは残念ではありましたが、毛穴の黒ずみや開きは改善したかったので言われた通りにやめてみると、数ヶ月後には確かに毛穴が目立たなくなったように感じました。

友人の言った通り、気になるからと言って取り除けば改善するものでも無いということが分かった出来事でした。これからも適度に毛穴のケアを行っていこうと思っています。