月別アーカイブ: 2016年9月

毛穴の汚れがどんどんと目立つのが気になる

昔は目立たなかった毛穴を自分の顔に見つけてから(とくに夜)、この毛穴は今後はどんどん開いていくのだろうと思うと怖くなりました。

なので、他の人たちがどういう毛穴ケアをしているのかを調べたくなり、美容系のブログをチェックしているこのごろです。

とくに気になっているのは鼻の毛穴です。ケアをしているつもりですがすぐに黒いぽつぽつが出てきます。この黒いぽつぽつが目立つのです。

ケアの方法は、つねって毛穴から脂や汚れをだす(これがケアと言えるのかはともかく)、洗顔フォームをしっかり泡だててていねいに洗顔をする(これだと毛穴がすっきり・・とまではいかない)、くらいです。

鼻にテープみたいなものを貼って毛穴の角栓をねこそぎ取るという方法もやってみようと思っていますが、とても痛いということを友達からきいて、やるのをためらっています。

毛穴がきれいになるならやりたいですが、痛いのはちょっと・・。

どんなにしっかり汚れを取っても、こまめなケアをしなければいけないことに変わりはないです。毛穴に汚れや脂が出ないようにする方法はないですから。

きめ細かな肌に憧れるのですが何をしてもさっぱり…

毛穴の開きが気になります。洗顔後、よく鏡を見ると毛穴が詰まっているのが見えるので、毛穴パックをしたりもします。

化粧をするときにはファンデーションを塗りますが、なんと余計に目立ってしまい更に重ねて塗りこむようなことをしたりもします。本当に悩みです。

どうしたらきめ細かなお肌になることが出来るのでしょうか?ストレスはお肌の大敵などというので、きちんと夜は寝て、食べ物もジャンクフードは避けるように気をつけてはいます。

やはり肌のキレイさは生まれつきや遺伝なのでしょうか。

20代後半になり、ドラッグストアで手に入るような安価な化粧水だけでは肌の手入れと言えないのだろうかと思い、百貨店に入っているブランドの基礎化粧品を一式揃え、クレンジングオイル、化粧水、美容液、乳液ときちんとケアすることを始めましたが、毛穴がきゅっと引き締まりキレイになったという実感はありません。

ピーリングでくるくるカスが出ることもありますが、こすってカスは出るのですがだからと言って毛穴がキレイになったということも実感出来ません。

なにを試してもガックリな結果でどうしていいのかわからないです。誰かきめ細かな肌になる方法を教えてほしいです。

お風呂で毛穴の汚れを落とす

友達の顔に毛穴を見つけ、それが自分の顔にもあることを見つけました。最近のことです。

それまでは自分はまだ大丈夫だと思っていたので・・。

やはり同年代、スキンケアを以前と同じようにしていてはだめだということです。今後のお肌のために、自分でできることはしようと思っています。

そのための情報収集としてよく見ているのが、美容系のブログです。その中でもとくに、お金をかけないでできるケアが載っているブログは、とてもありがたいです。

お金をかけないということは、そのぶんまめに自分で手をかけないといけないと思います。これはとてもめんどうですが、自分の肌なのでそれくらいはしないとと、ものぐさな心にかつを入れています。

本音をいえば、エステで気持ち良くケアをしてもらいたいですが、こまめにエステに通えるような身分ではないですし・・。

毛穴のケアはおもにお風呂でします(ブロガーさんの記事に載っていた方法です)。

お風呂ではなるべくボーっとしていたいのですが、毛穴が開きやすいので毛穴の汚れを落としやすい入浴タイムを逃せません。

お風呂は血がよくめぐっているので、美容や健康のケアには欠かせません。

お年寄りでも毛穴が小さい人の特徴

おばあちゃんでもキレイな肌の人がときどきいますが、そういう人の肌には毛穴が目立たないという特徴があります。

何歳になってもキレイな肌を保つことができるのは尊敬してしまうところですが、キレイな肌ということは=毛穴が目立たない肌ということになるんじゃないかと思いました。

毛穴が目立たないというのは肌のたるみが少ないということでしょう。毛穴が目立たないおばあちゃんの肌を近くでまじまじと見ていると、肌のたるみが少ないように感じるのです。

他のおばあちゃんたちと比較しても、肌のたるみが少ないおばあちゃんの肌には毛穴があまり確認できないというか、全体的に毛穴が小さいんです。

毛穴が開いていなくて小さいから肌のたるみが少ないのです。肌のたるみと毛穴の開き具合は関係が深いことがよく分かります。

たるみが深刻な部分の肌をクローズアップしてみてみると、毛穴が縦長に大きく伸びていることがわかります。

お年寄りでも肌がキレイな人は、シワはそれなりにあるけれど毛穴が少ししか見えないものです。

まず肌にたるみが起こらないように、そこに注意した方が良さそうです。